月別 アーカイブ

HOME > ブログ > 10ページ目

ブログ 10ページ目

トイレ交換もできる大卒大工のブログ

クリナップ掛川フェア2022

久しぶりにイベントで掛川商工会に行ってきました
20221114202122-518f44970f0e05d1e33c4932ec6f79f244e35f84.jpg

展示してあった商品の写真を何枚か撮ってきました

流レールシンク 幅が広いタイプ 
今年の2月に発売になったそうです
今までの流レールシンクと比べて、15センチほど幅が広くなりました
20221115060302-438e805e3ee7dd6ffe8a4735ef26696844e67b32.jpg

普通の流レールシンク
20221114202233-493394292243c0226641065d61c09067838b1a33.jpg

「流レールシンク」については、こちらの動画をご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=IaXCpl4mtgo

洗面化粧台
20221115060813-50a318fc34a89d817a4c70234758179deca0e387.jpg

日立製のIHクッキングヒーター
表面のスイッチの部分もフラットになっていて、お掃除がしやすそうです
「弱火・中火・強火」をワンタッチで操作できるボタンがあり、操作が楽になる感じがしました
20221115061056-f80eb5ca245050a5179efd251e45e32cac614d56.jpg

IHヒーターの詳しい内容はこちらをご覧ください
https://kadenfan.hitachi.co.jp/ih/lineup/ht-n100t/feature05.html

ご来場いただいた皆様ありがとうございました




ニルバクリーンを車のエアコンのフィルターに使用してみました

作業車の車検のタイミングで、約1年ぶりに車のエアコンのフィルターを交換しましたrvcar

ふとニルバクリーンをつけてみたらどうかと頭に浮かんだので、新しいエアコンフィルターにスプレーで吹きかけて、装着してみました

20221105221155-fd13da05d1007e194f19282cd1894fbaea6c9295.jpg

こちらの動画で、屋内のエアコンに使用するとよいということなので、車のエアコンフィルターでもいいのではと思ったのがキッカケです

車の消臭等に効果を発揮してくれることを期待しています

ニルバクリーン エアコン編
https://www.youtube.com/watch?v=jwpqPU3busQ

ニルバクリーン 開発者インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=t4Vxs-od2Qw

20221105224613-4969b9b436c2f006f8dc58f07e18c6bc1f68dcfb.jpg

ニルバクリーンは特許取得済

類似品にご注意ください

静岡県産の木材でつくられたコースターをいただきました

某イベントでいただいた、静岡県産材の木で作製された、コップなどを置く「コースター」です

普段使用するには少しもったいないような感じのキレイさと繊細さがあります
20221031073257-9f1f8c4f7737e43d4877a60a6342060a77cc3554.jpg

20221031073324-e6f444f2836e997614e0d9c1a3c59f70c350ee5b.jpg

コースターと業務用洗剤のサンプル
20221103222727-9363d98d1039468965a7cd821872773b3adf8f60.jpg

新規格に対応した消火器が届いたので、さっそく工場に設置しました

先日注文した新規格に対応した消火器が届きました

前回のブログで書いたように、対応する火災についての表示が、イラスト表示で新しくなっています
20221031071052-6153f33fa1640a2e943df7d4601476f438800360.jpg

届いてからよく調べてみると、下部は地面に置いたままでサビないように、黒い樹脂の部材が付いていて、更に、湿気対策で空気が通るようにスキマが開いていました
20221031071229-ea015616013b9231fbe5429fb83b7e9aaf86a876.jpg

そして、今回はアルミ製の消火器を購入したので、重量が以前のものと比べて軽くなっています

メタリックカラー塗装で、タンク表面もツヤがあって気に入っています 


工場の消防検査がありました

先日は工場の消防検査を受けました

消防署の方が定期的に行っているようです

少し気楽に考えていましたが、消防署の方が、ワンボックスカーと消化活動で使用する赤い消防車の計2台で来てくれて、ほどよい緊張感が漂いました

昼間のいい天気の中で、間近でみる消防車の赤い色も映えていました

一通り内部と外部を見ていただき、特別大きな問題もありませんでしたが、最近では消火器の表示方法が新しく変わっているということを教えていただき、工場に置いているのが、以前の基準のものでしたので、検査が終わってから、さっそく注文しました

消火器の新しくなった表示の資料
20221028062056-1fdd2b33a9478c70e66e7456ac186f1edc4df914.jpg

こちらの資料は、検査当日いただいた資料からの抜粋です

旧規格では、消火器の対応する火災について文字のみの表記になっていましたが、新規格では、イラストが加わって、その下に小さく文字で対応する火災について表記されるようになったようです

今までの旧規格の表示に慣れているので、資料をいただいた時は、旧規格の表示のほうが見やすく感じましたが、何度か見ているうちに、新規格の表示も慣れてくるかもしれません

今後増えてくると予想される外国人労働者の方にも、漢字に慣れていない方がいらっしゃると思われますので、イラストが入った新規格のほうがいいのかなと思いました


指定給水装置工事事業者証の更新 御前崎市水道工事

指定給水装置工事事業者の更新をして、新しい工事事業者証をいただきました
20221017130942-b43978504c4805989107868f13785a519d6e7005.jpg

更新というと、手続きが簡単そうですが、こちらの事業者証は、そうではなく、最初の申請の時とほぼ変わらないくらいの書類の量が必要でした

最初の登録が、平成19年なので、それから約15年ほどが経過していることになります
20221018111958-0434db306a0b9feb20f731fc80775a8376f755ad.jpg
月日が過ぎるのがとても早く感じます

こちらの指定事業者証を持っていない業者様や個人の方のDIYでも、水栓金具の交換くらいでしたら、施工をしても問題ありません

20221019081632-25bf70e962c4b77fd76dba9c0f2add9b3998ff75.jpg

20221019081730-0106ce1504580fe06f929e026d8a552709c28a37.jpg

駒形神社 秋季祭典用の舞台組み立て 2022

今年も地元の駒形神社の秋季祭典用舞台の組み立てをさせていただきましたshine

20221016191741-c18b912da19413f480c4e3db691e58fea68aba4f.jpg

天気の様子がハッキリしなくて、舞台の組み立ての決定の連絡が、例年より遅かったですが、早起き&予定を調整して無事間に合わせました

祭典が終わり、解体工事をしている際に、関係者の方から、「今年は日本舞踊の方の出し物もあった」と教えていただきました

ちょうど他の工事の完成と近い日になり、日曜日も作業をしていたので、祭典は見ることができませんでしたが、舞台が有効に使用されているようで、うれしくなりましたnote

****************************************************************
 
住まいのことなら、新築からリフォームまで、ワンストップでサービスを提供する松林建設におまかせください!

新築工事中の現場や周辺の様子

先日作業に来た、ユニットバスの組み立て作業員の方から、「弊社の車がグーグルマップに写っている」と言われ、スマホの画面を見せてくれました

作業員の方が言うには、作業現場の住所をグーグルマップで調べた際に、写っているのを発見したとのことでした

そちらの画像は、約3週間前に更新されているそうです

車体の後部の扉が、空いたままになっていましたが、ところどころボカシが入って、荷物がわかりにくくなっていました

グーグルマップからの一部切り抜き写真
20221005233529-ccc73b2f2904da82c7154896272ef3abea9be5a4.jpg

記録的大雨から数日後、穏やかになった工事現場前の川には、カモが4匹来ていました

20221005234443-71a13d899cf74af333cb81c2776af19d20fed16e.jpg

20221005234546-9b896822dfbce480fd0410aaeb2ca5ac425b02c2.jpg

2022年10月

****************************************************************
 
住まいのことなら、新築からリフォームまで、ワンストップでサービスを提供する松林建設におまかせください!

工事現場の前を流れる川の掃除

現在工事中の現場の前を流れる川ですが、先日の大雨で、翌日は、水位がとても上がっていましたrain

その次の日には、通常の水位に戻っていたので安心しました

現場の敷地から道路に少し流れ出た土を、水で流して掃除をしていると、近所のお母様が寄ってきて、「パイプに絡んだ水草を取ってほしい」と言われました

川岸の斜面は急になっていて、歩くには危険なので、ガードレールにつかまりながら水草を除去すると、喜んでいただきました

水草の高さからも、大雨の後の水面の高さが、わかります
DSC_3568.jpg

その際、川の水位が高かった話をしていると、川下のほうの住宅は、床下浸水をしたらしいことも教えていただきました

こちらの現場での作業は、10月中旬までの予定です

ひきつづき、作業を頑張っていきます

裏側にも目盛がある新しいメジャー

新しいメジャーを購入しました
大工作業用に、尺目盛があるタイプです
20220925030749-13189dff900c6ea5f610332740054ed4a0822a81.jpg

ひっくり返すと、裏面にも目盛が付いています
20220925031046-ea6fd4f0edb99fab7cbd8365187a06a54d83384c.jpg

ネットによると、呼び方は、メジャーが総称で、金属製の巻いてあるものはコンベックスというようですが、職人さん達のあいだでは、スケールと呼ぶことが多いので、自分も合わせてスケールと呼んでいます

今まで使用していたものは、壊れて、目盛の部分が出たままで、中に戻らなくなってしまったので、新しいものを購入しました

一日の作業中に、スケールを使用する回数はとても多いです

古いスケールもあるので、そちらを使用すればいいのですが、新しいスケールのほうが使いやすいので、今回の現場も新しく購入したスケールを使用しています

そうなると、古いスケールは使用頻度も少なく、壊れないので、ずっと残ったまま、予備で持っている状態が続いています

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ