HOME > ブログ

ブログ

トイレ交換もできる大卒大工のブログ

牧之原市の古民家のリフォームを再開

以前、縁側の床をリフォームさせていただいた古民家で、今度は天井のリフォーム工事をさせていただいていますshine

20210414222204-e4d505349d5470679ab6d0908d8d0913f9266483.jpg

距離の長い縁側と和室2部屋の天井のリフォームを進めています

ご依頼いただいてからすぐに工事に入ることができず、待ってていただきました

ゴールデンウィークの連休前に天井工事は終わる予定です

木製扉の修理 ベニヤ板の交換工事 塗装編

先日のブログの続きです

ベニヤ板部分と枠を一緒に塗装しました
扉の丁番部分も古くなっていたので、新しい丁番に交換させていただいてます
DSC_0151.jpg


古い丁番の写真はこちら
DSC_0152.jpg


丁番が新しくなることで、扉の開閉もスムーズに動くようになります

木製扉の修理 ベニヤ板の交換工事

裏庭との仕切りとしてご使用されている木製ドアの修理中の写真です

before 
ベニヤ板が痛んで穴が開いています
庇(ひさし)があるので、扉の上部(左側)は雨が当たりにくいですが、下部(右側)は雨が当たったりして痛んでいます
DSC_0135.jpg


ベニヤ板の交換後
まわりの枠は以前のものを、そのまま使用しています
DSC_0140_edited.jpg
ここまでかかった時間は1時間ほどです 自社施工wrench

この後、表面を塗装して完成です

最近では木製扉は少なくなってきていますね

工務店さんや、サッシ屋さんによっては、アルミ製のサッシに交換をすすめられることもあるかと思いますが、ベニヤ板の部分交換などで部分的に直す方法もありますので、お気軽にご相談いただければと思います

ユニットバスの洗い場の排水部分の写真と出入口の段差解消

新しく設置させていただいたユニットバスの洗い場の排水部分です  

DSC_0089.jpg

髪の毛がたまったりした場合も、樹脂製のアミが持ちやすくなっていて、片手で捨てることが可能になっていますnote

DSC_0091.jpg


こちらの3枚目の写真はメーカーのホームページで掲載されている写真です
20210302080327-a22eb8ec5080c3ad88d696f37b3338b49e87e4e8.jpg

もう一つ上のグレードになると、ヘアキャッチャーが金属製になっていて高級感があります
20210319055952-f3d23bae60908da7bddac75cbbb1461cec45338d.png

動画での紹介もありますので、ご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=z7sgp8ymVcs

それぞれのメーカーで、お手入れしやすい商品が開発されています


追記
ユニットバスにリフォームすることで、入口の段差も無くなり、移動がスムーズになるので、高齢のご家族がいる場合でも安心です
DSC_0167.jpg

裏側が断熱材で覆われている新しいユニットバスの浴槽の写真

設置前の浴槽の写真を撮ってみました

浴槽内部で段差になっているのは、半身浴も可能なタイプの浴槽だからです
DSC_0072.jpg

DSC_0067.jpg
裏側は一度設置すると、なかなか見る機会がありません

お湯が冷めにくくなるように、浴槽の裏側は断熱材で保護されていますspa

その結果、追い炊きや、足し湯などをする回数が減り、水道光熱費の削減になりますnote

タイル仕上げのお風呂は、洗い場の床も冷たく感じることがありますが、ユニットバスにすることで、洗い場を歩く時も、冷たさをあまり感じなくなりますhappy01


稲葉物置を使用してみての感想

先日のブログで、組み立てた稲葉物置の話を書かせていただきました
https://www.matsubayashi-arc.com/blog/entry/post-205/index.php


形状は、こんな感じで、少し前のタイプになると思われます
20210226202929-3380d0f7b2736b39bfef6b08ff5a02555eb91a79.png
その稲葉物置を自宅で使用してみての感想です

基本的には、収納スペースが増えるので、物が整理できて助かります

扉は、片方からしか開かないので、反対側からも開けれるようになると、もっと便利かなと思いました

思っていたよりも頑丈で、長持ちしてくれそうです


梅雨rainの時期や、高温sunの時期になって、内部の様子がどんな感じか気になるところです

内部があまり暑くなるようでしたら、高性能な遮熱塗料を「屋根」に塗装してみようかと考えています

静岡浅間神社に行ってきました

静岡市に工事の応援に行った帰りに、浅間神社に寄ってきました

http://www.shizuokasengen.net/

「楼門」の右側には工事中のネットがかかっていました
DSC_0015.jpg

・小学生の頃、家族でお祭りに行った時に、髪の毛を紫色に染めているご婦人を初めて見て驚いた
・数年前ある行事の際に、「楼門」の前を歩いて通った

ぐらいしか記憶が無く、今回30分くらいでいろいろ見てまわることができました

平日で、コロナの影響もあり、まだ人通りは少なかったですが、遠い地域の車のナンバーの車も思った以上に停まっていました

断水時のエコキュートの使用方法|コロナ製

先日は、斉射で取付の多いダイキン製エコキュートの断水時のお湯の取り出し方法をご案内させていただきましたが、他のメーカでわかりやすい「動画での説明」がありましたのでご紹介させていただきます

コロナ製エコキュート 「緊急時に役立つエコキュートの使い方」
https://www.youtube.com/watch?v=IMR60flyEUU

20210221055704-5a4e306c0812b433be29007959afe33e49af2125.png

あまり機器を触ったことのない方には、「テキストの資料」よりも、「動画」のほうがわかりやすいのではないかと思われます

参考にしていただければと思います

コロナ製プレミアムエコキュートについてはこちらをご参照ください
https://www.corona.co.jp/premiumeco/

断水時のエコキュートの使用方法|ダイキン製

東日本大震災から10年目の今年、東北地方で大きな地震がありました

東日本大震災についてはこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD

10年前の東日本大震災の時は、愛知県の展示会にバスで連れて行っていただき、刈谷サービスエリアで休憩中している時に揺れを少し感じ、今年(2021年)は浜松市の現場で工事の応援に行っていました

自分の住んでいる静岡県も、いつ地震がくるかわからないので、備えはしておきたいとあらためて思いました

震災などで、道路の下を通っている水道管から水が漏れ、家の水道が断水した際などにも、エコキュートのタンクの中にお湯が残っていれば使えますので、方法をご案内させていただきます

ダイキン製エコキュートの場合 「断水したときの対応と非常用水の取り出し方について」
https://n-faq.daikincc.com/faq/show/13671?category_id=754&site_domain=n-faq

20210219213729-5671b95ad06721cbe5fc16e4ef1d2f8cae550b5a.png

20210219214931-9301e4fc78cc6b42d2a7541aa31f2f356622550f.png
今回は、弊社で使用の多いダイキン製のエコキュートの操作をご紹介させていただきましたが、他のメーカーの製品も、操作方法は似たような感じです

詳しくは、設置された工事店さんに聞いたり、メーカーホームページなどをご参照ください

床リフォーム工事の様子

床リフォーム工事 

完成間近の写真
DSC_0029_edited.jpg


工事中の写真
DSC_0025_edited.jpg

築35年以上のお宅の、床リフォーム中の写真です

撮影している場所は同じでも、朝と夕方の時間帯の違いにより、床材の色が違って見えます

実物は、「完成間近の写真」の色に近い感じで仕上がっています

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ