HOME > ブログ > アーカイブ > 施工事例

ブログ 施工事例

トイレ交換もできる大卒大工のブログ

例祭用舞台の組み立て 2021 10月

コロナの緊急事態宣言も明けた2021年10月、地元の駒形神社の例祭用舞台を組み立てさせていただきました

20211009104350-2a596ba7eb71c32b48bce9085f2983053d455702.jpg

週末の天気予報は晴れsunでしたので、屋根の無い晴れバージョンでの組み立てです

地面が砂になっているので、毎回微妙に地面高さが変わってくるのを、高さを調節しながら組み立てています

落ち葉の掃除などで、ほうきで掃く方向によりし高さの違いが生じている為かと思われますmaple

ニュースの報道で、観光地や飲食店などに外出される方が多くなっているようですが、これから寒くなっていくにあたり、またコノナウイルスの感染者数が増えないように願っています

築20年経過した住宅の外壁 御前崎市N様邸

サッシの部分交換でお伺いさせていただいた御前崎市のN様邸のお宅です

築20年ほど経過しているので、こちらの建物も自分が実家の仕事をする前の、叔父たちが建てさせていただいたお宅になります

外壁の塗装リフォームを予定されています

表から見た感じは、外壁に特に問題は無さそうでキレイな感じでしたshine

手で触っても、塗料が手に付く感じもありませんでした

外壁をさわった時に、表面の塗装が劣化していると、粉のようなものが手につくようになります

そうなったら、そろそろ塗り替え時期のサインと言われています

こちらは西面の写真です
20210906110232-ccc63472e7810ae3bc9446f36c8b89626c758ab2.jpg
軒裏や基礎コンクリートまわりなどは、よく見ると、年数の経過を感じる部分もあります

南面と東西面の外壁はあまり気になるところはない感じでしたが、北面の外壁の表面にコケが少し生えてきていて、気になっているとのことで、塗装リフォームをすることにしたそうです

塗装リフォーム前の外観を参考に残しておきます

ノーリツ製ユニットバスの入り口扉の交換

自分がまだ実家の仕事をする前に、叔父たちが建てさせていただいた御前崎市のM様邸です

ユニットバスの入り口の折れ戸が破損してしまった為、新しい折れ戸に交換させていただきました
ノーリツ製ユニットバス折れ戸交換中写真20210905101546-9db0c181aa0309a64812898cac0eeecec834fb4b.jpg

破損した交換前の折れ戸
20210905101805-728e1ba5d49f4fa778fc0bc41f9287cd3a4994a1.jpg

設置させていただいていたユニットバスのメーカーはノーリツ製でした

ノーリツは現在、水回り製品の生産を中止しているので、他のメーカーで、新しい折れ戸を用意させていただきました

ノーリツ製のキッチンやお風呂などの水まわり製品の生産は中止となりましたが、給湯器やコンロ等は現在も継続して生産中です
20210905103525-7cecdf368d09fda6ce44d1b8660caf456aff9c91.jpg

ノーリツホームページ 今年(2021年)で70周年
https://www.noritz.co.jp/



10年ほど経過したウッドデッキ

網戸のはりかえ工事で伺ったお宅で、以前(10年くらい前)作製させていただいた天然木のウッドデッキの写真も撮ってきました

建物の「東側」にウッドデッキがあるので、日当たりの良い「南側」にウッドデッキがあるお宅に比べて、痛みは少ないように見えました

細部までは細かく確認していませんが、パッと見ての印象では、まだまだ大丈夫そうな感じでした

20210827071746-8f0d91d197cfa7197e3aba16fc838a4b141379a0.jpg

20210827070705-d15fea7c5ff5cbec4aa7585e3a94455e84c3e8d7.jpg


自力で自宅のエアコン交換工事2021 3台目

今回は2階の洋室のエアコンが故障したので、交換をしてみました
20210819210353-958a68080e0f62504e17fb84785b329171f4cfdb.jpg

屋外側の既存の配管を撤去すると、配管のダクトまわりにスキマがあったので、ダクトまわりをコーキングしました

ダクトと壁のスキマをコーキングすることで、配管カバーから水が入った場合でも、壁への水の侵入を防ぐことができます
20210819210538-c32a3464c2f0f04a7c22e18d8bde546561c896eb.jpg
配管用の穴を電気業者さんが開けた時に、コーキングをしてくれたりしますが、今回我が家では、コーキング処理が無かったので、自分で行いました

コーキングはクリアー色で行うと、目立たずにすっきりした仕上がりになりますが、この時はクリアー色のコーキングが無かったので、白で行いました

屋内側の様子はこちら

20210819210811-29e631cf014dd2405e12f403a31cb9ef1d63cfa9.jpg

ダクトが壁仕上げから少し出ていたので、壁の表面から出ないようにカットしました

エアコンのすぐ後ろのダクト穴なので、エアコンが付いている間は気がつかず、取り外してから気が付いた部分です

20210819210914-a94ad0dfc91304adcd3c0d574ca7af07e0cc118b.jpg

外部
屋外機と架台を固定しているボルトはサビにくいステンレス製のボルトを使用してみました

新しい屋外機の後部の金属はとてもキレイですnote
20210828085243-5c84a41494654f5ea49266301f1a65b7732f2812.jpg

交換前の古いエアコンの屋外機の架台
固定しているボルトはサビて少し膨らんでいるので、取り外すのが困難です
20210828085344-d06826fad367ffd7017c13af4da05a19537b9e0b.jpg

錆びているボルトを取り外すことができれば、課題を再利用することも可能かと思われます


古いエアコンを取り外す際は、フロンガスが漏れないように事前に処理が必要になります

エアコンの電源を入れて、屋外機のほうに漏れないように回収します

なので、解体予定のお宅の場合は、そのまま解体屋さんに処分して持っていってもらうという簡単な話になりません

・電気が使える間に、専門業者にフロンガスを回収してもらい、機器を取り外す
・電力会社に連絡して電気を解約している場合は、発電機などを使用して、エアコンを作動させて、フロンガスの回収してから機器を取り外す

ようになるかと思います

フロンガスを回収せずに外すと、空気中にガスが漏れて、オゾン層の破壊につながってしまいます

解体予定のかたは、参考にしてみてください

ちょっとした増改築工事でエアコンを取り外す場合も同様です

気象庁
フロンによるオゾン層の破壊
https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/ozonehp/3-25ozone_depletion.html

瓦リフォーム工事の様子

瓦リフォーム工事の途中経過を撮った写真です

まず古い瓦を撤去していきます
20210810104653-9ac785b283853280d3ecd33b9027b4412c2e27b9.jpg


屋根の片面の瓦を撤去した後の写真です
20210810105107-029036530efbb8ece70bb15d0a1ccf3c687a6e6b.jpg


古い瓦を撤去した後の防水ルーフィングシートの写真です
ルーフィングシートは瓦の下で、雨漏りを防ぐ役目があります
20210810105215-d2563ddbdcc7d177fd3a76a2b0feed47b76258dc.jpg


防水ルーフィングシートを撤去した後の屋根下地写真
20210810105742-618d75059ed152bc1f15534364d9bb8beadfed60.jpg

下地板の大きな痛みは無く、部分的な補強で済みました

敷地には広いお庭があり、撤去した瓦を置く場所や重機のスペースも確保することができ、スムーズに工事が進んでいきました

雨漏り等がしていたお宅の場合で、下地の板や、その下の支えている木(垂木)が痛んでいる場合は、取り換えなどが必要になってくる場合もあります

静岡市清水区 解体工事後の宅地境界線のロープはり

以前、事例紹介のページに掲載している静岡市清水区 I様邸の鉄筋コンクリート住宅の解体工事現場です
https://www.matsubayashi-arc.com/works/entry/post-274/

敷地境界のロープはり工事の写真です

人気のある地域のようで、土地を不動産業者さんに相談したところ、割とすぐに購入希望者を見つけることができたようで、地主さんも喜んでいらっしゃいました

二分割にして販売する予定とのことで、敷地の境界線をロープで区切らせていただきました

オリンピック期間中でしたが、敷地周辺は特に混雑も無く、スムーズに車で移動できましたrvcar

建物解体から約1か月ほど経過したくらいですが、すでに草が生えてきています

20210804092626-d0dd0bae079ecc05ec9b8dd2e68d8a8f3fa4f8b2.jpg

錆びている既設水道管の交換

昭和50年代前半に建てられたお宅のリフォーム工事で、

「キッチンやお風呂、洗面などの水回り機器の交換」と同時に、「サビている水道管の交換工事」も一緒に行わせていただきましたshine

20210623100505-b496b3ae2d4e0caf553431c86637b43e38abb7e6.jpg

20210623100525-fa684c9c3ed952b6aa829b1259ea1772ed363932.jpg

最近の新しい住宅では、このような鉄製の水道管は使用されていませんが、以前の住宅は写真のような鉄管が使われていて、現在でもそのような住宅はまだたくさん残っています

自分が大学を卒業して、東京のマンション建設会社に就職した頃には、すでにマンションでは樹脂製の水道管が使われていましたので、新築の建物buildinghouseでは、見かけることはなく、リフォーム工事でしか鉄製の水道管を見ることはありません

水回り機器の交換の際には、水道管の交換も一緒に検討してみてください

お風呂の脱衣室床リフォームと浴槽床タイルの写真

先日、お風呂の脱衣室の床リフォームをさせていただいたお宅の、浴室の床タイルの写真です

20210619165956-db95ee560ac117b2b44470f8a246dbd49063fc72.jpg

20210619170032-e555201f0cc4e9f94628db4910ff4e455e014f40.jpg

二枚目の写真の下部に少し写っているが今回新しくリフォームした部分です

昭和50年代に建てたと思われるお宅です

新築をしたのは、弊社ではありません 

リフォームの工事からお世話になっています

花柄が気になって、床の写真を撮らせていただきましたtulip

浴室床の白い部分は、それほど汚れも付いていなくていい感じでした

滑りにくいユニットバスと浴槽の床

ユニットバスの床は、それぞれのメーカーが工夫を凝らして滑りにくく、そして汚れにくい仕様になっています

固い仕上げ、やわらかい仕上げ、床をタイル仕上げにしている洗い場など、様々です

今回、新しくユニットバスを設置させていただいたお宅の床をの写真を間近で撮ってみました

洗い場の床
20210610085954-4a74c5c0e507534a3ec1fe95b4050005e26ab908.jpg

20210610090029-d853874a10413ca195c424a5e8e4a633dc608eec.jpg


浴槽の床 排水口近く

20210610090143-869ce2b343fd98cb2d47faab5ccbda7e42a38063.jpg


20210610090211-3a1eb6a3533ee6aa0e82dab20b8a4e4326030cc1.jpg

実際の浴槽の色はホワイトですが、上に掲載↑ の排水口近くの写真はグレーに写っています
光の加減でしょうか?

浴槽の写真 クリナップのユアシス.jpg

昔のお風呂と違って、細かい溝があることによって、滑りにくい仕様となっていますので、お子様や高齢者の方にも少ない不安で入浴していただけると思います

今回ご紹介させていただいたのは、クリナップ製のユニットバスです
足ピタフロア.png

クリナップ ユアシスのページ
http://cleanup.jp/bath/yuasis/index.shtml



123456789

« 建物写真 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ