HOME > ブログ > その他 > 前面に小川が流れる土地での工事

ブログ

トイレ交換もできる大卒大工のブログ

< 音楽イベントの時は、残響時間を減らす為に天井が下がる仕組みになっている京セラドーム大阪  |  一覧へ戻る  |  ダイキン 災害時の困りごと対処法 >

前面に小川が流れる土地での工事

今月は、5~6mほどの幅の小川沿いの現場で作業中です

その向こう側は、田んぼなので、休憩時間中に建物の窓近くに座っていると、心地よい風が通って気持ちが良いです

難点としては、蚊が数匹飛んでいて、時々刺されることです

そして、このような土地の場合、台風などの時は、前面にさえぎる建物などが無く、風や雨の当りが強くなってしまいます

今週末から大型の台風typhoonの影響で雨が数日続くようなので、注意しながら工事を進めていこうと思います

現場前の川の写真 水草が生えています 工事用の仮設水道の近くの草の陰にはカエルもいました
20220918103526-4e828f7da3b91de4825b54a45b0fdceb4ec219a7.jpg

カテゴリ:

< 音楽イベントの時は、残響時間を減らす為に天井が下がる仕組みになっている京セラドーム大阪  |  一覧へ戻る  |  ダイキン 災害時の困りごと対処法 >

同じカテゴリの記事

ダイキン 災害時の困りごと対処法

空調機メーカーのダイキンから「災害時の困りごと対処法」というページがありましたので、ご紹介いたします

https://www.daikin.co.jp/air/life/laboratory/disaster

台風で屋外機が倒れた場合や、浸水した場合などの対処法が書かれていましたので、参考にしていただければと思います

20220921061312-3a798335552174dba43cdf1640987d5e63e3f13b.png

また、倒れにくくする方法として、屋外機の架台をコンクリート製のものにすることも、ご紹介されていました
20220925023829-2e45e33761c2827ac049a35349ac9dad623d9918.jpg
コンクリート製の架台とは、このようなものです

我が家のエアコンもそうですが、屋外機の架台は、安価な樹脂製のものを使用しています

工事をする側からすると、樹脂製の架台のほうが、軽くて持ち運びがしやすいです

心配な方は、まずは風当たりが強そうな屋外機の架台からコンクリート製の架台に交換するのもいいかと思います


徐々に戻りつつある日常

現在もコロナの感染者数のニュースは続いていますが、音楽関係のイベントは再開されているようで、コンサートのポスターなどコンビニで見られるようになってきました

私は音楽が趣味で、大学で愛知県に住んでいた頃は、時々コンサート警備のアルバイトに行っていたり、その後、就職で関東に住んでいた頃は、よくコンサートを見に行っていました

最近は、仕事に追われ、ゆっくり音楽を聴く時間が減っています

コロナの影響もあり、音楽イベントも減っていたので、最後に見に行ったコンサートもずいぶん前になります

覚えている範囲では、最後に見に行ったのは、埼玉スーパーアリーナでの、マドンナのレベルハートツアーだったと思います

その時のDVDが2017年に発売されているので、もうずいぶん前ですね
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC-DVD-MADONNA/dp/B074WMP6CZ/ref=sr_1_1?adgrpid=118352002960&hvadid=536114748703&hvdev=c&hvqmt=e&hvtargid=kwd-350796121333&hydadcr=27298_14464493&jp-ad-ap=0&keywords=%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC&qid=1662752213&sr=8-1

20220910044424-c8132b273d82b502a9f00a43171fb8b3981a3b5b.jpg

はじめての埼玉スーパーアリーナでした

このコンサートの少し後から、建物の大規模改修工事をされているようですが、一度しか行ってないので、どう変わったか見てわかるかどうかは不明ですが、楽しみにしています

埼玉スーパーアリーナ ホームページ
https://www.saitama-arena.co.jp/arena/

続く小屋解体工事のご相談

前回のブログ以外にも、2件小屋解体のご依頼を受けています

2件とも、以前農作業小屋としてご使用になられていた建物ですhouse

しばらくご使用になられていない建物で、そのままでも問題はないのですが、近年の大型台風で、屋根瓦や雨どいなどが飛んでしまうことも、解体を決意された要因の一つとなっているようです

普段、大工作業で建物を組み立てているので、壊し方も効率のいい方法がわかります

20年くらい使用しているエアー工具

ながい期間使用しているエアー工具です
20220816083837-1c4d59c4264973e52c68fbb90ed0ced7b613e613.jpg

自分が家の仕事を手伝うようになってから、すでにあったような気がするので、もう20年ほど使用していることになります

前回の修理で、知り合いのお店に、運よく修理部品が残っていたので、直って戻ってきました

次に壊れたら、修理部品が無く、処分することになってしまいますが、先月の現場でも活躍してくれているので、故障するまで丁寧に使用していこうと思います

高速道路のサービスエリア売店にて

しばらく(7月中)距離の遠い現場に通っていたので、疲れてしまいブログを更新していませんでしたが、8月に入り近くの現場仕事になり、時間がとりやすくなってきました

距離の遠い現場に通っている時は、高速道路を使用したりします

東名高速道路の某サービスエリアの売店では、商品を購入すると、「気をつけて行ってらっしゃいませ」というような声をかけてもらえることがあります

1年以上前、寒い時期の朝にレギュラーコーヒーを購入した際に言われて、少しうれしかった思い出があります

そして先月、現場の仕事も完成近くになってきて、少し疲れていた頃、朝、スイーツを購入した時にも、「気をつけて行ってらっしゃいませ」と声をかけていただきました

2回目の体験です

疲れて油断している時に声をかけていただき、暖かい気持ちになります

しばらく高速道路を使う現場はありませんが、またの機会を楽しみにしています

このページのトップへ