HOME > ブログ > アーカイブ > 施工事例: 2019年6月

ブログ 施工事例: 2019年6月

トイレ交換もできる大卒大工のブログ

店舗前に天然木ウッドデッキの設置工事

天然木のオーダーメイドウッドデッキ施工風景

運搬してきた材料を並べて置いたところです↓
置き場所が広いと、工事も進みやすくなります
IMGP1122+.jpg

組立中↓
地面がデコボコしていないので、施工しやすいです
通常は、地面が土の所が多いです
IMGP1123+.jpg

完成写真1
IMG_20190626_162507.jpg
完成写真2
IMG_20190626_162453.jpg

大前予報の前の雨どい修理工事|牧之原市相良庁舎近くに建つ築30年くらいのお宅

牧之原市相良庁舎近くに建つ、S様の雨どい修理工事をさせていただきましたshine

牧之原市相良庁舎は、海からの直線距離が近いですが、そのよりも更に南側の海に近い敷地に建つS様から連絡があり、雨どいの修理に行ってきました

30年くらい前になると思いますが、父親が新築工事をさせていただいたお宅になります

家の中には、あまり入ったことはありませんが、外部の修理で何回か自分も伺ったことのあるお宅です

内容は、「雨どいが傷んで雨が漏るので、梅雨の前に直してほしい」とのことでした

IMG_20190608_205451.jpg
写真は取り外した雨どいです

同じ形状の雨どいが現在はつくられていないので、新しい物に交換させていただきました

同じメーカーの商品なので、近くで比べると形状の微妙な変化はわかりますが、軒に取り付けた場合は、ほとんど気になりません
IMG_20190608_150017.jpg

施工後
IMG_20190613_140537p.jpg

昨日までの大雨rainでも大丈夫でした 
今日は、2019年6月13日(木)です

自社施工wrench

まだ梅雨rainの時期は続きますが、気をつけてお過ごしください。

約35年前に施工させていただいたお宅の屋根点検

強風時に雨が少し漏るという連絡をうけて、屋根を見に行かせていただきましたshine

先日のブログで書いた、叔父が新築工事をさせていただいた御前崎市白羽のお宅です

天気予報では、「全国的に午後雨rainが降る」となっていて、朝は曇っていたので、午前中に急いで作業をしましたが、午後は良い天気sunになりました

第一印象は、想像していたよりもキレイでいい感じでした

お客様から、新築当時のお話も聞けました

今までに数枚、強風で瓦がめくれたことがあり、時々手直しをした跡もあったので、現在も良い状態が保たれているようでした

気になるところをメンテナンスし、様子を見ていただくことにして、帰ってきました
IMG_5852.jpg

IMG_5853.jpg

「まだしばらくこの家に住んでいたい」と言っていたお客様のご期待に応えられそうな状態の屋根だったので、安心して帰ってきました


中古住宅を買われたお客様からの、大雨の後の屋根修理のお問い合わせ

御前崎市の中古住宅をご購入された、県外に住むお客様から、先日の大雨の後に、修理の見積依頼のご連絡をいただきましたshine

瓦が飛んでしまったのかと思って見に行くと、瓦は1枚落ちていただけでしたが、その下の金属屋根がめくれて落ちていました

IMG_5754.jpg

IMG_5748.jpg


銅板製の屋根で、穴などは無く、痛みは少なかったですが、隣地が畑だったので風当たりが強く、畑側の1枚が飛んでしまっていました

海に近い物件なので、内陸部に比べて傷みやすいですが、永く御前崎市に住んでいただけるよう工事を行っていきたいです

1

« 施工事例: 2019年5月 | メインページ | アーカイブ | 施工事例: 2019年7月 »

このページのトップへ