HOME > ブログ > その他 > 農作業用の物置小屋を解体Ⅱ 御前崎市

ブログ

< 調湿性能NO.1珪藻土のご紹介  |  一覧へ戻る

農作業用の物置小屋を解体Ⅱ 御前崎市

前回、外まわりの材料をはがして途中で終わっていた解体工事の続きを、週末の雨が降る前に行ってきました

内部に残っていた、農作業用の竹の籠なども、お客様に片づけていただき、屋根の合板を撤去して、壁を内部に倒して、解体工事は約90%終了しました

あとは解体した屋根の板金や木材の片づけを次週以降に行う予定でいます

IMG_20180512_161156.jpg

IMG_20180512_164929.jpg

カテゴリ:

< 調湿性能NO.1珪藻土のご紹介  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

浜松で開催された伊礼智さんの講演会に参加してきました

先日は、建築業界の雑誌等でよく目にする「伊礼智(いれいさとし)」さんの話を浜松で聞く機会があり、参加してきましたtrain

dsc_0241.jpg

伊礼智さん ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E7%A4%BC%E6%99%BA

写真のイメージとは違い、気さくなお人柄でした

沖縄出身だと知り、珍しい苗字にも納得です


講演では伊礼氏がメーカーと共同で開発した自然素材商品を使った施工例の写真cameraを多数映像で見させていただきました

今後の新築やリフォームで使えそうな物件があれば、ぜひ使ってみたいと思っています

自然素材を活用した住宅に興味のある方は、ご相談の際に、ぜひその旨をお伝えください


御前崎市で住宅の隣にある小屋のシロアリ対策

御前崎市S様邸から、ハネアリがたくさん出たと連絡があり、昨日(5月2日)現場を見させていただきました

昔、農作業用の荷物置き場に使用していた、住宅の隣に建っている小屋houseからハネアリが出たということで、専門の方に見ていただくと、建物の奥に蟻道があり、対応工事をさせていただくことになりました

現在ゴールデンウィーク中ですが、連休があけても工事の予定が混んでいるそうで、約2週間後に工事にうかがわせていただくことになりました

今回早めの発見により、建物が大きな被害にあわずにすみ、良かったです

あまり使用していない建物の場合、蟻道を見落としやすいので、皆様お気をつけください

新築住宅工事中で、床材の切れ端などあります

床工事が終わった現場、これから床工事が始まる現場があり
床材の切れ端などが出てきます

欲しい方いましたら、ご連絡お待ちしていますmobilephone

パソコンの調子が悪かったですが、建築用のCAD以外は、
普通に使えるように復旧しましたpc

風邪で一週間ほど外出できなかったりして
ブログも更新できていませんでしたsnow

またこれから更新していきたいと思います

いろいろご紹介したい商品も多数あります

今年最後の三連休 2017

先日、通貨した台風により被害にあわれたお宅の、
傷んだカ所の修理にまわったりしていて、
朝から晩までずっとではありませんが、3日ともどこかの現場に行っていましたcar

自宅でも、大きな被害はありませんが、南側の網戸のアミが2カ所とれてしまったので、
時間をみて、自分で直す予定でいますhouse

台風のニュース資料downwardright
20171106040435-f341b157e38ae7f94d3d278f104d387e7e920605.jpg

知り合いの板金業者さんも、磐田市で工場の屋根がめくれてしまったのを直しに行くとかでいそがしそうでした

台風の修理は、11月中に片づけて、年末は穏やかに過ごせるように調整していこうと考えています


それから、試験に無事合格しましたshine
新しいことに向けて徐々に進めていきます

御前崎市 S様邸 新築現場の地盤調査に立ち会いました

御前崎市S様邸の新築現場の地盤調査に立ち会い、写真を撮ってきました。

黄色の機械は、地盤調査に使用する機械です。

IMG_20170929_091300.jpg

地盤調査は建物の角の4カ所と、中心1カ所の合計5カ所の地盤強度を機械で調査するのが一般的です。

調査したデータをもとに、地盤強度に問題無ければ、次の工事へと進みます。

調査の結果、地盤が柔らかかったりすると、改良工事が必要となってしまい、日数と料金が追加でかかってしまいます。

今回の現場は、もともと小屋が建っていた場所で、地盤強度は問題なかったので、スムーズに次の基礎工事にとりかかることができました。

このページのトップへ